珍しいみどりの桜・御衣黄
 4月17日今が見頃と聞いて、早速掛川へ緑の桜を見に行った。
 御衣黄は「緑の桜」として知られる八重桜の一種で、江戸時代より栽培されていますが、
花の色が地味なせいかあまり普及しておらず、全国的にも珍しい種です。
普通の桜が散り始める頃に入れ替わるように咲き始め、4月中旬から下旬にかけて満開となります
花は最初は淡い黄緑色をしており、一見周りの葉と見分けがつきにくいのですが、
開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線がはっきりと現れてきます。
その楚々とした美しい風合いから、貴人の衣服という意味の「御衣」をその名に冠しています。
掛川市では、大須賀支所南側の古楠神社の境内やその西側の道路沿い、
三熊野神社の公園内で目にすることができます。
下の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると
順に表示されます。キーボードの ← → を押しても順に表示されます。
 

 
inserted by FC2 system